山形のだし丼

IMG 7999

義父さんが農家で買ってきてくれた、たくさんの夏野菜。
野菜の味をそのまま味わおうということで、以前から食べてみたかった山形の郷土料理「だし」を作ってみました。
ネットでレシピを探してみたところ各家庭によってそれぞれ材料が違うとのことだったので、我が家バージョンは茄子、オクラ、キュウリ、大根の味噌漬けの野菜4種。
炊きたてのご飯にたっぷりとのせて、丼でいただきました。

材料:2人分

  • 茄子(粗みじん切りにする) 1本
  • キュウリ(粗みじん切りにする) 1本
  • オクラ(下茹でしてから粗みじん切りにする) 4本
  • 大根の味噌漬け(粗みじん切りにする) 4切れ
  • 塩 小さじ1/2
  • ご飯 茶碗2杯

作り方

  1. ボウルに茄子とキュウリを入れ、塩少々(分量外)でよくもんでから水気を絞ります。
  2. オクラ、大根の味噌漬け、塩を加え、オクラの粘りが出るまでよく混ぜます。
  3. 器にご飯を盛り、だしをのせたら完成です。

夏野菜の味わいと漬物の塩気がほどよく調和して箸が止まらない一品です。
漬物はたくわんやぬか漬けも合いそうです。
次回は茗荷や生姜を入れてた薬味入りバージョンを作ってみます。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.