時短二郎

IMG 7944

ラーメンが食べたくてネットで検索すると、時々ネットで見かける超山盛りの二郎。
僕はいわゆる「二郎インスパイア系」の店でしか食べたことがありませんが、写真を見るたびに食指が動かされます。
でもあの量はちょっと食べきれないので、自宅で簡単にできる少量の「時短二郎」を作ってみました。
豚骨スープは、以前時短の長崎ちゃんぽんを作ったときの牛乳をベースにアレンジしてみました。

材料:2人分

スープ

  • 豚バラ肉(厚切り) 200g
  • ニンニク(すりおろす) 一片
  • 生姜(すりおろす) 一片
  • 水 カップ4
  • 牛乳 カップ2
  • 味覇 大さじ1
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2
  • 醤油 大さじ4
  • みりん 大さじ2
  • 胡椒 少々

二郎

  • もやし 1/2袋
  • キャベツ(食べやすい大きさに切る) 1/4個
  • 中華麺(極太麺) 2玉
  • ニンニク(粗みじん切り) 1片

作り方

スープ

  1. 鍋を中火にかけ、豚肉、ニンニク、生姜を炒めます。
  2. 豚肉に火が通ったら水と加えて煮立てます。
  3. 牛乳、味覇、鶏ガラスープの素、醤油、みりん、胡椒を加え、弱火で5分程度煮込みます。

二郎

  1. もやしは10秒程度下茹でします。
  2. キャベツは1分程度下茹でします。
  3. 中華麺を茹でて器に盛り、スープをまわしかけます。
  4. 煮豚、キャベツ、もやし、ニンニクを盛ったら完成です。

豚バラ肉を牛乳で煮ることでスープに豚骨風味を加え、出来上がった煮豚はチャーシューの替わりになります。
本物の二郎とは別物だと思いますが、美味しいラーメンとしては満足のいく一品になりました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.