梁山泊の肉あんかけチャーハン

IMG 7105

以前もエントリーしましたが、僕の外食再現レシピの中での永遠のテーマは、梁山泊の「肉あんかけチャーハン」。←と角萬のせいろ。
前回は焼豚の煮汁を使うのがベストかなと思っていましたが、その後も何度か作っているうちに、意外とシンプルな調味料でもいいことがわかりました。


スポンサーリンク

1分程度でサクッと遊べるトランプの無料アプリです。
簡単な足し算を繰り返すことで、脳トレ効果も期待できます。
通勤・通学の時間つぶしにどうぞ!


材料:2人分

肉あん

  • 豚バラ肉(細切りにする) 200g
  • 酒 大さじ1
  • 卵(とき卵にする) 1個
  • 片栗粉 大さじ1
  • サラダ油 油通しできる量
  • 水 カップ1
  • 紹興酒 大さじ1
  • 醤油 大さじ3
  • 砂糖 大さじ1/2
  • 水とき片栗粉 大さじ2 水と片栗粉の比率は1:1

チャーハン

  • ラード 大さじ1
  • 卵(とき卵にする) 2個
  • ご飯 茶碗2杯
  • 白ねぎ(みじん切りにする) 1/2本
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々

作り方

肉あん

  1. ボウルに豚肉、酒、卵、片栗粉を入れてよく混ぜます。
  2. 中華鍋に油を入れて熱し、豚肉を油通ししたら一度バットにあげておきます。
  3. 中華鍋に水、紹興酒、醤油、砂糖を入れて強火で沸騰させます。
  4. 豚肉を加えて炒め、水とき片栗粉でとろみをつけます。

チャーハン

  1. 中華鍋にラードをひき、とき卵を入れます。
  2. 卵が固まる前にご飯を入れてよく混ぜながら炒めます。
  3. 白ねぎを加え、塩・胡椒で味を整えながら炒めます。
  4. 具材が混ざったら、器にチャーハンを盛ります。
  5. 肉あんをかけたら完成です。

●お店の情報→ 梁山泊

まだまだ本物の美味さには届きませんが、五香粉の香りが強かった前回よりはいくらか近づきました。
このシンプルな合わせ調味料版をベースに、さらに研究してみたいと思います。
豚肉の細切りも、もっときれいにできるようになりたいです。


Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.