鰯の蒲焼き

IMG 6750

高騰して手が届かなくなってしまった鰻。
あの脂ののった柔らかい食感は他の魚にはない美味さですが、蒲焼きのタレだけならなんとか近い味が作れます。
本日の朝食は、開いた鰯を使って「鰯の蒲焼き」を作ってみました。

材料:2人分

  • 鰯(手開きにする) 4尾
  • 酒(下味用) 大さじ2
  • 醤油(下味用) 大さじ2
  • 酒 大さじ3
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ3
  • 砂糖 大さじ1
  • 片栗粉 適量
  • サラダ油 大さじ1
  • 生姜(みじん切りにする) 1片
  • ご飯 茶碗2杯
  • 粉山椒 適宜

作り方

  1. バットに鰯を並べ、酒、醤油をふって下味をつけます。
  2. ボウルに酒、醤油、みりん、砂糖を入れて蒲焼きのタレを作ります。
  3. 鰯に片栗粉をまぶし、フライパンにサラダ油をひいて身のほうから強火で焼きます。
  4. 両面に焼き色がついたら蒲焼きのタレと生姜を入れ、強火でとろみがつくまで煮詰めます。
  5. 丼に盛ったご飯に鰯をのせてタレをまわしかけ、粉山椒をふったら完成です。

鰯の蒲焼き、かなり美味いです。
鰻の代用だと穴子を使いがちですが、脂ののった鰯も蒲焼きのタレにあうと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.