あの牛丼

IMG 6732

かつて一日3食牛丼の日があったほど、吉野家の牛丼が大好物。
子供の頃から何度も再現しようと努力した外食メニューのひとつです。
インターネットに色々なレシピが載るようになってからも試行錯誤しましたが、今のところコンソメスープと白ワインで煮込むのがベストかなと思ってます。
本日の夕食は、あの「牛丼」を再現してみました。

材料:2人分

  • 水 カップ2
  • 固形スープの素(コンソメ) 1個
  • 砂糖 大さじ3
  • 薄口醤油 大さじ3
  • 白ワイン 大さじ3
  • 塩 少々
  • 生姜 1片
  • タマネギ 1個
  • 牛肉切り落とし 300g
  • 紅生姜 適宜
  • 七味唐辛子 適宜

作り方

  1. 鍋に水、固形スープの素、砂糖、淡口醬油、白ワイン、塩、生姜を入れて強火にかけます。
  2. 沸騰したらタマネギを加え、中火でお好みの煮加減になるまで煮ます。
  3. 牛肉を加え、あくを取りながらお好みの煮加減になるまで煮ます。
  4. 器に盛って紅生姜を添えたら完成です。

牛肉はアメリカ産の「ショートプレート」という部位の薄切りがよいのですがなかなか手に入らないため、スーパーで入手できる国産の牛肉切り落としを使っています。
なるべくペラペラの薄さで、ある程度の脂身があるものがおすすめです。

米国産牛バラうす切り(ショートプレート)1.0kg

価格:
1,260円

(2014/03/15 06:55時点 )

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.