関西風・手打ち肉うどん

IMG 6256

毎日蕎麦、蕎麦と騒いでますが、実は大阪人と福井人のハーフ。うどんも大好物です。
このところ甘辛い関東風のつゆにこだわっていたので、久しぶりに出汁の効いたうどんでも。
今日の夕飯は牛肉と青いねぎを使った関西風の「手打ち肉うどん」を作りました。

材料:2人分

  • 水 カップ6
  • 昆布(20cm程度の長さ) 2枚
  • 鰹節(荒削り) 30g
  • 煮干し(頭とわたをとる) 10本
  • 薄口醤油 大さじ3
  • 塩 小さじ1
  • みりん 大さじ2
  • 手打ちうどん 2玉
  • 牛肉(切り落とし) 100g
  • 九条ねぎ(斜め切りにしてさっと湯通しする) 2本

作り方

  1. 鍋に水、昆布、煮干しを入れて弱火で火にかけます。
  2. 沸騰する直前に昆布を取り出し、鰹節を加えて中火で20分程度煮込みます。
  3. キッチンペーパーで漉して煮干しと鰹節を取り除きます。
  4. 淡口醬油、塩、みりんを加えます。
  5. 牛肉を加え、あくを取りながら一煮立ちさせます。
  6. うどんを茹でて器に盛り、つゆをかけて九条ねぎを添えたら完成です。

●手打ちうどんの作り方はこちら → 鶏つくねうどん・太麺

薄口醤油は少しだけ、味は塩で整えます。
今日は九条ねぎが手に入らなかったので、大分県産の甘ねぎで代用しました。
透き通った出汁、薄切りの牛肉、青いねぎ。子供の頃から慣れ親しんだ関西の味です。


Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.